FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

今日のサンウ......そしてインタビュー記事

2017.06.07 (Wed)

今日はゴルフだったのかな~
インスタに写真がアップされていました....

ピ씨 、ソンス씨、アレックス씨 以外お名前が 出て来ないけれど
芸能人の方がたくさん いらっしゃいますね~
ドラマでお見かけしたことがある方が.....^^

201706071.jpg

う~ん ますますサンウのお肌が白い(^_-)-☆ ←日焼け止めも塗っているのかな

201706072.jpg

この方 ひょっとしてサンウのサングラスをかけてるのかな??

201706073.jpg





そして NEVERを検索していたら
こんな記事を見つけました~



クォン・サンウ"毎作品ごとに危機…淘汰されないために努力します"
ドラマ'推理の女王'存在感誇ったクォン・サンウ


kjujh.jpg

“作品をするたびに危機だと考えました。断崖の上で演技する感じでした。”

不惑の俳優クォン・サンウ(40)はいつからか自身の位置に対して真剣に悩み始めた。 一時4大天王と呼ばれて日本を号令した1世代韓流スターだがトップスターも行く歳月を防ぐことはできない役割だ。 全盛期の時のように素晴らしい役割をしたいが最近3~4年に入りそのような提案がどんどん減り始めた。 そのようなクォン・サンウに昨年ソン・ドンイルと共に出演した映画‘探偵ザビギニン’に続き最近放映終了したKBS2ドラマ‘推理の女王’は突破口であった。 視聴率はそれほど高くなかったけれどクォン・サンウは二つの作品で韓流スターらしい存在感を誇って健在を誇示した。

“初めには出演するするつもりがなかったです。 題名から‘推理の女王’と女主人公中心の作品だと思いましたよ。 断ろうと出て行ったミーティング席で台本を一度読んでみろとの勧誘を受けて‘一度見よう’という心に台本を読み始めたが6部まであっという間に読みました。 とてもおもしろくて考えもしなくてすぐにするといいましたよ。 たとえ視聴率が満足なことではないが私も、チェ・ガンヒさんも満足します。”


mjvcrd.jpg

現場の雰囲気メーカーは断然クォン・サンウだ。 女主人公ソル・オク役のチェ・ガンヒは“クォン・サンウは演技も計算的に上手にしてからだも引き締めないでユーモア感覚まである。 さらに家庭的”と親指を褒め称えた。 鐘方椽時はKBSドラマ センター長に“シーズン2作れば出演する”と冗談半分、本当の話半分の約束をした。 撮影中当てられた負傷のために二回も足首に冷たい水を抜いたがギブスもしなくて直接カメラ前に立った。 ‘推理の女王’に対するクォン・サンウの愛情はそれだけ大きかった。

“撮影して市民の反応に接するたびにドラマが愛されているとのことを感じました。 過去には私が断った作品も多かったしこの広告をとらないでもあの広告が入ってきたりしましたよ。 今は私を探すということ自体が感謝します。 多くの俳優中私に信じることを見せた演出者と製作者に良い演技で報いるのが私だけの義理でしょう。”


◇家庭的な韓流★…映画製作の夢育てて


kkijuhjj1.jpg

クォン・サンウがインタビューずっと不安感だけ吐露したのではない。彼は取材陣を勝手気ままにする特有の話し方で余裕を誇示した。現在の位置に対する不安だということを話しながらも“今までは大丈夫だ”としたし良い台本が入らないといいながらも“断った作品も多い”と強調して笑いをかもし出した。 このような自信は相変らず堅固な海外での人気のおかげだ。 クォン・サンウが出演したドラマは日本で良い価格に販売された。 彼はまだ中国でラブコールを受けていて今年にだけ中国で2個のドラマを撮影した。 “私が‘天国の階段’出演する時だけでもスタイリストがなかったです。 この頃若い俳優はスタイリストを2人も連れて行くでしょう。 隔世の感を感じます。 私どもの先輩たちは私どもがうらやましいといいましたよ。 私たちは後輩の活動領域が広くなったことを見て肯定的に考えます。”

俳優として多くのことを成し遂げたがクォン・サンウはまだお腹が空いた. 映画製作はクォン・サンウの‘ポキンニストゥ’中一つだ。 直接演出を引き受けるより低予算映画を企画するプロデューサーの役割を通じて良い作品をリリースしたいと。 クォン・サンウは“妻(俳優ソン・テヨン)はぼんやり分かるが多分記事を通じて正確な計画を知るようになるだろう”と笑った。 通常の凡人のように胸一方に夢を大事に保管しているけれどクォン・サンウは家族に献身的なことで有名だ。 彼は“結婚の後子供が生まれて初めて保険課積立金を聞いた”として“もし私が亡くなった後未来を備えるため”と説明した。 しかし作品選択に家族が大きい影響を及ぼしてはいないのだ。 クォン・サンウは“あの生き残りも骨を折ったが子考える余暇はないです”と話した。


dededed.jpg

クォン・サンウは育児芸能番組交渉1順位スター企画する。 だが、まだ芸能出演よりは演技でファンたちに会いたいというのがクォン・サンウの希望だ。 “1000万俳優より300万映画で良い演技を見せることができる俳優になりたいです。 何より私が自信があるアクション延期演技でファンたちに会いたいです。 ひとまず今年は‘探偵2’撮影にまい進する計画です。”



記事を読んでて 期待で胸がいっぱいになりました
俳優クォン・サンウ健在だね d(-。^)good!!
地に足がしっかりと付いている感じ.....
まだまだ 素敵な作品&演技で 
ウリサンウに会えそうだわ^^ ♡♡♡♡♡

21:15  |  SANGWOO  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。