FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

20170531インタビュー記事。。

2017.06.01 (Thu)

昨日は1日 何かと目が回るほど忙しかったのに(笑)
さらに 溢れるサンウの記事に ふらふら.......
翻訳しながら読むって かなり体力が消耗しますね(>_<)
毎日少しずつ出てくれたら 楽しめるのに.......

そんなに疲れたの??やっぱり歳だね.....と言われそう^^;

写真だけアップして 記事詳細は続きに。。


20170531_1496199326_66954900_1.jpg

>ghybvngh.jpg

AKR20170531099400005_01_i.jpg

201705531.jpg

56153196.jpg

2017053112001900199_1.jpg

20170531121851_1071426_600_413.jpg

201705311108771771_592e310e18788.jpg

2017053115375263854-540x736.jpg





記事は翻訳のままです。。

超多くて長いし タイトルだけのもあります^^; 
☆「推理の女王」クォン・サンウ、"自ら「いじめ俳優」と思った。
作品にふさわしい俳優になろうと努力する "


☆クォン・サンウ"'四十春期'チョン・ジュンハ、結婚して本当にいいように変わった

クォン・サンウが芸能番組に対する考えを明らかにした。クォン・サンウは最近、チョン・ジュンハとともに'四十春期'に出演して大きな話題を集めた。まったく相応しくなさそうだたクォン・サンウとチョン・ジュンハが無計画にウラジオストクを旅して口喧嘩しながらも、真の友情と義理を見せてくれたのが仄仄としたという評価が続いた。"'四十春期'を一件良く見てくれたようだ。 チョン・ジュンナ兄がドラマが終わるやいなや、ずっと電話来たよ. 良いアイテムがあると誘惑する。 妻と家で芸能を見ることが好きだ。憎い我が子'を本当に楽しく見ている。お母さんたちと出演陣を見ると、'あの人たちは本当に大切な経験をしているようだ'と感じる。年を取ってお母さんと何をするのが容易ではないが、つながりが続くのがいいようだ。機会があればゲストとして一度出てみたい。わたしも母との紐帯が他の人より深くて重要だと思う。

私がゲストとしたらどんな話ができるかという想像をしてみる。"仲良しであるだけに、チョン・ジュンハに対しても率直な評価を下している。"チョン・ジュンハ兄は結婚して本当にいいように変わったようだ。家長としての責任感も大きく、よくしようとする。あの兄があんなに結婚とよく合う人だったのたいほど"という説明だ。クォン・サンウはバラエティ番組を特に嫌う学ぶない。トップスターの中では、大変特異なケースだ。そうなら子供達と共に育児芸能に出演してみるつもりはないだろうか。育児芸能は結婚してからずっとオファーが来た。俳優の仕事をしながら(育児芸能は)長い目で見ればメリットよりデメリットが多いようだ。とにかく構えるようになりそうだ。そのような部分が少し躊躇する。"


☆クォン・サンウ "娘リホ、あたしが警察だと思って...かわいい」

クォン・サンウは子供たちが親の職業について認知するかという質問に「子らが神経を使わない」と話した。彼は「息子ルクヒは特に気をよく使わないような、娘リホは「推理の女王」を見て父が警察だと思っている。指で計形を作って撃った」と笑った。彼は「事のある時は子供たちに大きく神経を使えない方だが、その他に一緒にしようと努力する方」と述べて、「中間以上はしていると思う」と付け加えた。彼は「今週に子供たちとコンスンイミュージカルスケジュールが予定されている」と冗談を言っ 笑いを誘った。クォン・サンウは育児芸能のキャスティングがあったと告白し、「結婚直後から連絡を受け続けている。しかし、放送をすることになると、構えるようになって設定を通して子供たちと交流している感じだ。私の性格上、合わない」と率直に話した。

また、来年に結婚10周年を迎えるクォン・サンウは「2〜3年目のようだけど、もう10年がしたそうだ。結婚期間が短く感じられる。結婚して良かった。楽しい仕事がはるかに多くできた"、妻バカの面貌を現わした。さらに、「10周年を迎えた妻と子供たちと一緒に意味あることをしてみようと思う。記念撮影を計画している」と説明した。

☆クォン・サンウ"息子ルクヒ、ソン・テヨンと私のいい点五分五分似ている"   

今回KBS2'推理の女王'もラブラインがないという点でもっと楽に撮影できたとなだめている。 "私は見ない。 妻が出るのを見て説教をするのをわざわざ見ないようになった。 私たちの妻は無情なふりを密かに、こっそり見るようだ。 私にティーを払わない。 ところが過ぎてから話すると、本ばればれ。深刻に話していないが、今回の作品はうまかったと思うと言っていた。 ラブラインがなくて楽だったどうしてもキス浮かれてそんなことがあったら気になる。そんなのがなくて楽にした。 結婚のためにラブシーンを撮らないのではない。作品が重要なのだ。 私たちのワイフがあまりにも少女のような人だ。反対の立場から考えてもラブシーンがあることよりないのがいいじゃないか。そんなことを長く記憶に気にしていた。私も妻がスキンシップをしたりすると当然、嫌だ。どのようにいいか。 それで'推理の女王'は楽に撮影した。"'仲が良いのか'は質問には"だから生活しているでしょう"と答えて笑いをもたらしたりもした。

生活パターンまた、妻ソン・テヨンに合わせた。 そのおかげか、まだも依然としている間を誇示している。 "私が童顔のようではないが、それでも地道に運動して性格が楽天的だ。 昨日もゴルフを全然張ることができないのに、ゴルフをしていった。人たちが'君は本当に肯定的だ。 楽しくする'だと言っていた。 悪いことがあってもすぐに忘れようにしている。 すぐ次の次を考えることはどんなものにとって困っているスタイルはないようだ。そしてまず結婚して寝ている。妻が10~11時になれば、寝ている。ドラマを撮っている間には夜12時に撮影が終わっても徹夜習慣があって寝ない。ところで、ドラマが終わったから私も10~11時に寝ることになった。 睡眠をたくさん寝るのが最高だ。"クォン・サンウは誰が見ても安定的で幸せな結婚生活を続けている。"演技活動に役立つかどうかは分からないが、(安定的な結婚生活が人生に役になったのは事実だ。 いろいろと楽になった。私は仕事がなければ家にいるほうだ。家事も手伝う方だ。 "それなら息子グォンルクヒ君はお父さんの演技をどう見たのだろうか。息子の話が出ると、クォン・サンウはいつのまにか'息子バカ'の面を見せる。

"息子がそのようなことを言うことをちょっと恥ずかしくている。 俳優なりたくないかと聞いたら絶対にそんな考えはないという。とても立派に大きかった。妹ともよく遊んでくれて私が見るには腕白姿が見えるが、他の子供たちと比較して見る時は、増しなほうであるようだ。外見的には確かに、父と母の良い点を多く受けたようだ。非常に感謝したい。 私よりずっとましなようだ。その光景を見て、妻がありがたい。どう見ても、妻が育てたのではないか。妻が愛をたくさんしてくれたので、ありがたい。""私は幸せな子供で高かったらいいな。自分のやりたいことを全部して育ってほしい。料理士になりたいとしたら料理士になることができるように最高の教育を受けさせたい。 今夢はサッカー選手なので、一週間に一度ずつレッスンを受ける。自分のしたいことができるように教育的なことは最大限サポートしてやりたい。"もう結婚9年目だが、クォン・サンウはまだソン・テヨンと恋に落ちている。"結婚9年目だが、そう感じられない。 来年は私たちも10周年になる。 妻に呆れたことがない。いつも妻は一貫していた。私の前で女として柿が落ちる様子を一度も見せたことがない。いつも妻を見ると、新鮮だ。 きれいになる時が多い。小言はちょっと多い。私たちのワイフが仕事欲が多くはない。子供たちについてきめ細かく気を遣ってくれて家族との関係においてもティーをよく出さない。例えば、母に仕送りしたという話も妻に直接聞いてみたことが一度もない。ありがたいのが多い。ときめきまでは分からないが、妻がきれいだというのはたびたび感じる。。"

☆クォン・サンウ "サードの議論に関心...
韓中関係回復しなければ"1日も早く正常化されてほしい


☆クォン・サンウ、”「天国の階段」で、ヘア・メイク直接した "

俳優クォン・サンウが、過去に直接ヘアメイクをしたと発表した。デビューの時から今まで着実に短く整頓されたヘアスタイルを固守する彼にヘアスタイルに大きな変化を与えない理由を尋ねると、「他の人が(私は外見に興味が多いと)誤解をするのに外見に気を一つも使わない"と述べた。彼は「例えば、ドラマ撮影現場に行けば、最近の俳優たちは、スタイリスト二人、ヘア両方、化粧両方など、多くのスタッフを置く」とし「私は映画を撮影する時は、現場で任せドラマもほぼスタイリストた方がしてくれる。ほとんどしない。そんなことは全く気を使わない」と打ち明けた。

続いて彼はきちんととかして渡した自分の短い髪のを指し、「今日も私の頭を触った」とし「ヒゲもない切った。そんなことに対して鈍感な方」と述べた。しばらくためらった彼は、「このような話は、初めてするのだが「天国の階段」の時、ヘアメイクを私がした。今見ても白くて変だ」とし「私はボックスを持って通った。ベースを塗って半日あれば消されて、ほぼ素顔に撮影した。余裕もなかったあまり気を使わなかった。皮膚が良くないが」と冗談を言った。 彼はまた、「独身時ショップに行って管理を受けたがうまくいかなかったよ」と、「作品に入る前に、パックに一度するのが全てだ。皮膚は持って生まれたものだ。体は、熱心に一人だけで運動をして作るが "と述べた。

☆「推理」クォン・サンウ "チェ・ガンヒ、ルクィ写真見たら結婚したいと" 
   
「推理の女王」を終えた俳優クォン・サンウに会った。クォン・サンウは25日放映終了したKBS2水木ドラマ「推理の女王」で言葉より拳が先に進むのハードボイルド刑事ハ・ワンスン役を引き受けて熱演した。クォン・サンウのお茶の間復帰は2014年SBS「誘惑 '以後3年ぶりのことだったが、彼の内面は、むしろ前より硬くなった。「最も早く3ヶ月が過ぎた作品だったようだ。最もない大変作業していたドラマだ。 一度も顔赤らめず、最初から最後までとても楽しかった。上半期ドラマ計画がなかった。私はできる作品がないと考えて休息を取る映画を準備しようとした。しかし、知人を介して台本を受けた。家族旅行に行くのシナリオを読んでみた。とても新鮮で面白いよ。タイトルは「推理の女王」が、とてもおもしろくて参加してみたかった。チェ・ガンヒと考えて読んでみると、あまりにも届います。 気持ちよく始めた。監督も、今私より年上の方々がほとんどないおられ、環境が新しかった。フレンドリーな雰囲気であった。スタッフも新鮮で可愛かったチェ・ガンヒも「女優があそこまで苦労していた俳優がいたのか」と思う程度難しい演技を現場でどんどんやった。いろいろなことが相性がある良い」クォン・サンウの専売特許であるアクション演技は相変わらずだったし、感情演技にも水が上がった。

ユ・ソロク役を引き受けたチェ・ガンヒとのどうのこうのケミは言うまでもないことですがなかった。ソロクをおばさんと無視して何とか事件現場で追い出そうとしていたワンスンがますますソロク推理能力を認めて、彼とチームを作っ事件を解決していき、ソロクを心強くサポートしてくれる姿は、ラブラインがないドラマにも妙なときめきを抱かせた。「ガンヒさんとは初めて演じるだろうとしない受けてくれればどうしようという心配があった。しかし、あまりにも受けてくれて、それ面白いよ。非常に小さなディテールを見てくださる視聴者の方が明らかにいたよ。本当に感謝した。呼吸的な部分では、ガンヒさんとよく合った。ガンヒ氏が持っているキャラクターもとても可愛らしくありがたかった。ガンヒさんには時々私の子供高まる姿を見せてくれてと結婚考えがかかると言っていた。良いニュースよかった。」

クォン・サンウは大韓民国代表アクション俳優だ。アクションに優れた感見えるナイスバディスターでもあり、あまりにも体図らない情熱を燃やす俳優としても有名である。今回もアクションシーン撮っ負傷した。今回もアクションシーン撮っ負傷した。 「シナリオのとおり愉快たら良いという考えをした。それなりのアクションをよくするから4.5mで飛び降りた。画面には、フルショットで出なかった。左脚をひどくジョプチルれた。まだ水袋が生じている状態だ。不快に走り回って撮影したまだリハビリ中だ。負傷のほか、過酷な瞬間は当然あった。あまりにも楽しい気持ちで撮影したので、台本が遅くなったり、徹夜作業をしても、体力的に難しい知ら撮影に臨んだが、それでも大変惜しい瞬間は訪れた。「事実キャストをしなければならない状況だった。足が折れ思っても心配しました。幸いなことに壊れたり、骨にひびが付いているんでした。それでも足があまりにもかけ数週間動く神ない撮った。ドラマに被害を与える恐れてストレスがひどかった。 一つは、島に行った時喉の痛みにひどくかかっ声がない出てかすれた声で出たことがある。その時のストレスがあまりにも激しかった。管理をできないしだから。それでも撮影自体はおもしろかった

今回のドラマを通じて 'クォン・サンウの再発見’という話も出た。コミックとアクション、粘着性があるケミを一度に解くことができる俳優ということが正しく表示され、確実な復帰式を行った 「惜しいことが多い。とても楽しく撮影して撮影終了前から「シーズン2行くんじゃない」とした。チェ・ガンヒだけとすれば、うまくいけば見ることができないかと思う。 放送局でも肯定的に考えておられるようだ。 私の風はまた別の話で会ったらすることだ。」最近ジャンルドラマが大きな人気を集めている。「推理の女王」は、その中でも、一般スリラー推理物とは異なる愉快でふっくらと飛ぶ基調で風変わりなジャンルムルが誕生したという好評を受けた。「推理ジャンルムルが多い私達のドラマは愉快に常にあり、話の中心でありながら、主人公のキャラクターが見えるという点良かった。私はそんな作品を好む。視聴率がよく出て観客数が多ければいいのですが作品だけ記憶されている作品ではなく、当然のことながら、俳優から俳優が少し見える作品をより好む方だ。コメントをよく見る方ではないが作品する時は、それでも監視をしたりする。

100%だ満足することはできませんが、それでも大体は満足している。ドラマ終わる頃シーズン2しないの?という話が出てきてもありがたかった。した事件でも引くではないかとの指摘があった。 視聴率と連携して見た時はそうだともっと良かっうと気もする。でも韓国で軽い事件で始まり、発展さそんな話が良かった。平凡なおばさんが事件を解決する姿に痛快もあった ようで、警察も人間の部分がおもしろかった。現場でアドリブで行わ状況が多かった。監督は常に笑ってくれて楽しい演技したようだ。」


☆クォン・サンウ"トップスター。運良く受けた愛,もう降りる準備しましょう"

クォン・サンウもいつのまにかデビュー16年目の役者になった。2001年MBCドラマ'おいしいプロポーズ'でデビューした後、映画'火山高'の美貌の学生会長に顔を知らせ、2003年SBSドラマ'天国の階段'映画'同い年の家庭教師''マルジュク青春物語'を相次いで成功させた青春スターはいつのまにか丈夫な才能を持った中堅俳優として成長した。 クォン・サンウは25日、終映したKBS2スモクグク'推理の女王'で言葉より拳が先にいうハードボイルド刑事ハワンスン役を演じ、熱演した。 クォン・サンウのお茶の間劇場の復帰は2014年SBS'誘惑'以降3年ヨマンウィことだったが、彼の実力はむしろ前より強固になった。クォン・サンウの専売特許なアクション演技は依然として強く、感情演技にも水が上がった。 ソロク役を演じた崔康煕(チェ・ガンヒ)とのいざこざ明美は、言うまで必要なかった。

ソロクをおばさんとして無視し、何とか事件現場から追い出しとしたハワンスンがだんだんソロクの推理能力を認めて彼とチームを立ち上げ、事件を解決していき、謬説屋を丈夫にサポートしてくれる姿はラブラインのないドラマであることにも妙な胸騒ぎを与えた。 デビュー16年目の俳優の球歴が光を放ったわけだ。"事実と同い年と比較して見るとデビューが速い方ではない。 運が良かったようだ。 持っていることに比べて多くの愛を受けた。
そんなのは年を取るにつれ感謝すると感じるようだ。 いつのまにか40代となった。 昔からそのような気がした。自分が年を取って引き続き主人公をできるのもなく、そのようなことに対する練習をちょっと長く前からしなければならないのではないかという考えをする。

私たちの子供たちが大きく、私がどう演技者として変化するかを念頭に置いている。それでもっと多くの作品をしようと思う。 時間がとても早く流れるというのが分かっている多くの作品をしたい。 今年だけを映画両方をもっとする計画だ。 私が中国で二本のドラマを撮ってきた。雰囲気がよくなったら放送する計画だ。私は熱心に働いているのに韓国に来ている場合は空白が大きく感じたよ。そんな所から来るものもたくさん感じている。 働ける若者があるとき、良い作品に会ったら一生懸命働きたい。 働く時の楽しさがとても大きいようだ。"クォン・サンウのロールモデルは俳優ソンドンイルだ。配役の比重と関係なく、ジャンルとは関係なく、全てのキャラクターを自分のことで吸収するソンドンイルの内攻を取得したいということ。"ソンドンイル先輩を見ながらそんな気がする。 ソンドンイル先輩は、それを追求するところが多い。 映画でもドラマも演技もよくしませんか。あまりにも基本技がしっかりしていらっしゃる。 ある時点になれば、先輩のような俳優になりたいっという考えをする時もある。人気のあることも重要であるとトップスターのイメージも重要だが、永遠なものはない。することを全部してみたが、今は本当に作品に対する残念な気持ちにいつも飢えているようだ。

私も長い時間が過ぎても余韻が残るようになって言葉が出ることのある作品をすることが究極的な目標であるようだ。"クォン・サンウはまだ喉がかわく。 現場の感謝も知るようになり、まだ挑戦してみなかったキャラクターに対する渇きも大きい。 "現場にいるときが一番幸せだ。新人時代には現場にいるのが良かったりするが難しい時もあった。 結婚してからは現場にいるのが感謝する。男性俳優としては誰か私の理想型とされない。 結婚後に仕事が与えられたりしたときもっと感謝することを感じているのは事実だ。 以前は本が来るのが当然だと思ったが、今はとても感謝してもっと熱心に見ている。そういう心構えがたくさん変わった。まずは、アクションを一度きちんと見せたい。 まだ私が上手なのはアクションで、まだ私がうまくできるとき、一度やってみたい。 したいジャンルは多い。

とても面白いコメディーもしたくてボジェッが大きくないが、面白いメロ映画もしたい。"
れなら、クォン・サンウは最近注目した後輩がいるだろうか。 "お母さんはキム・ウビンを見ると、真っ先に私出た時の感じとしてうちの兄は金秀賢(キム・スヒョン)さんがそんな感じだと言ったよ"と照れていた。 さらに、"お母さんがおっしゃることもどんな感じなのを知るようで、兄が話しているのもどんな感じか分かりそうだ"、不快な笑みを浮かべた。 クォン・サンウは、絶え間なく続ける予定だ。 "今とても忙しい。 '探偵2'は6月8日クランクインして次の作品もある。 映画に固執するわけではない。 私はジャンルは思わない。 ドラマが面白いたらドラマをいう。 体は大変ですもドラマをしながら近づくのが大きい。いいドラマを会ったらドラマもしたい。 そして映画は少し余裕がある。家族と時間をもっと送ることができて今の私の立場では映画が楽ではする。今回のドラマをしながら、ある時は5日目の家族たちが寝ている姿ばかりみたりもした。 それでは娘が私に来ない。ドラマが終わるやいなや、遊んでくれるから、また与えて探す。そんな家族との時間が必要だからそんな余裕からドラマよりは映画が楽ではする。"

☆クォン・サンウ「20年目の腹筋を維持。還暦越えても見せる」


☆「推理の女王」クォン・サンウ "韓国的な推理劇誕生。シーズン2もOK"

「チェ・ガンヒとラブラインがなくても呼吸が好き...最初から最後まで楽しかったよ」
"3ヶ月がとても早く過ぎて行った。最も大変よう作業していたドラマでもよ。一度も顔赤くことがなく、最初から最後まで楽しかったです。」 最近放映終了したKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」で、ハードボイルド刑事ハ・ワンスン役を消化した俳優クォン・サンウ(41)は31日、ソウル新沙洞でのインタビューでこのように述べた。

彼は「最初に台本を見たときに「推理の女王」がチェ・ガンヒさんだと思ってみると新鮮でおもしろかった」とし「俳優として、なぜ「推理の王子」ではないかという物足りなさがあることもできただろうが脚本がおもしろく、ぜひ参加したかった」と説明した。「推理の女王」は、クォン・サンウが「誘惑」(2014)以来、3年ぶりにテレビ劇場に復帰した作品である。終盤にMBC TV「君主 - 仮面の所有者」に首根っこがれながら、水木ドラマ視聴率2位に終わったが、それまでは一ヶ月間1位を守り、悪くない成績を記録した。「序盤のコメントを見ると、事件だけで長引くことはないかという批判もあったが、視聴率と連携して考えてみるとそのような部分がちょっと惜しいです。それでも平凡なおばさんが事件を解決し出す、韓国的な推理劇の誕生に多くの方が痛快に感じていると思う"

「開いても、あまりにも開かれた結末」は、多くの視聴者の関心を生んだ。クォン・サンウも「惜しいことが多くPD様にシーズン2に行くことはないかと話してたりもした」とし「チェ・ガンヒさんだけだとすると、また見ることができないかと考えている。放送局でも肯定的に考えているようだ」と説明した。神話」(2001)以来、16年ぶりに再会したパートナーチェ・ガンヒについては、「呼吸が非常によく合った」とし「康氏が引き受けたユソリ翡翠キャラクターも大好きだったし、お互いにアドリブもよくやりとりして楽しんで演じた。康氏が難しい場面もてきぱきこなすのを見ると、私も一生懸命していないことがなかった」と語った。しかし、ソルオクが人妻だから真剣なラブラインはなかった。そのような設定が実際の既婚男性のクォン・サンウとして幸い(?)だったようだ。「ラブラインがなくて撮影するときに楽だった」は、彼の妻ソン・テヨンを意識したよう笑ってこっそり話を取り出した。「妻も今回の作品を何気ないふりをこっそり見てみたいですよ。すぐにティーないしはなかったいくつかの過ぎてからの話を分けてみると、本ティーがした。 "ワイルドな刑事の役割だっただけに、アクションシーンもかなり消化した。素肌血闘と派手なキックなどを披露しながらもたりもした。

「4.5mの高さから飛び降りシーンがありました。フルショットで出ていないのにアクションを上手ことを示すために見事に飛びついましたよ。ところで、左足首をひどく接し飽きしばらく大変でした。水袋が生じ、数回水を抜きもしましたよまた島で撮影したことがあるが、突然声がない出てかすれ声で演じたこともありました。

2001年MBC TV「おいしいプロポーズ」でデビューしたクォン・サンウは、これまでのドラマ13編、映画17編に出演し芸能プログラムにも、多くの場合、顔を映って大衆と親しまれている。クォン・サンウは「妻と家でテレビを見るのが趣味だ。芸能プログラムを好む」とし「特にチョン・ジュナ型とMBC「四十春期」に出演したことについて、多くの方が良く見てくれた。ジュナ型が続いまた一緒にしようとねじっおられる」と笑って話した。

その一方で「育児芸能」出演については、「夫婦が俳優であるため、どうしてもプログラムをしながら飾るになりそうだ」と否定的な反応を見せた。 演技17年目は、まだ演技するのが最も楽しいはクォン・サンウはした作品をするたびに、ますます時間が早く行くのが感じられるとした。「私はいつも持っているものと比較して多くの愛を受けました。運が良かった40代に入って演技者としてどのような変化をするかについての悩みもしばしばです。古い記憶に残る作品をしながら、その悩みを解放いきたい。」

☆推理」クォン・サンウ "クォン・サンウとチェ・ジウ、長い時間の俳優にしてくれたありがたい分

クォン・サンウが俳優チェ・ジウに感謝の気持ちを表わした。5月31日、ソウル江南区新沙洞某所で俳優クォン・サンウのKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」(脚本イ・ソンミン、演出キム・ジンウ遊泳は)放映終了のインタビューを進行した。劇中の刑事でハ・ワンスン役を引き受けて熱演をしていた彼は、作品の中に知人のプレゼントをたくさん受けた。コ・ヒョンジョンとチェ・ジウが代表的人物。クォン・サンウは "ヒョンジョン姉は本当におもしろく見たようだったよ飾りの言葉を話せない方なのにしきりに尋ねる。とても有難いよ」と語った。

また、チェ・ジウについては「クォン・サンウとチェ・ジウさんではないか。私は長い間、俳優生活できるように良い作品で会ったのではないか。その無尽蔵新人たしチェ・ジウさんはその後、スターだったよく導いてくれ感謝の気持ちがある」とし「チェ・ジウさんも本当に熱心におら私もチェ・ジウさんの作品とコーヒー紅茶を送るも、そのようなものがある。着実に連絡をしてそのようなことはないのに偶然にチェ・ジウさんと同じマンションに住んでいる。織田行くと思う」と笑った。

妻ソン・テヨンの反応欠かせなかった彼は、「妻は無関心なふりを密かに見ているようだ。再びみることも見る。私のようにそぶりを見せないようにするが話をしてみると、本らしくなったよ。妻がどのこと話すわけでもないけど「今回のドラマ上手なようだ」と言った」と述べた。一方、クォン・サンウが出演したKBS 2TV水木ドラマ「推理の女王」は、25日放映終了した。彼は6月、映画「探偵2」の撮影に突入する予定だ。


☆クォン・サンウ「いつのまにか40代。前から主人公おく練習 していた」

クォン・サンウが主人公の初演した考えを伝えた。クォン・サンウは31日、ソウル江南区新沙洞のあるカフェで行われたKBS 2TV「推理の女王」放送終了に関連ラウンドのインタビューで、過去の全盛期時代の人気について回想した。 この日クォン・サンウは「いつのまにか40代になった」とし「年をとって、主人公をすることができるわけでもなくそんなことの練習をずっと前から準備した。後で子供が大きく演技者としての変化をするのかを念頭たりもした」と口を開いた。 続いて彼は「人気のあることも重要でトップスターのイメージも重要だが、永遠のは無いよ」と「以前にするつもりだみた今本当の仕事のために物足りなさに常にのどが渇いている。長い時間が過ぎても多く出てくることができる作品のが最終的な目標であるようだ」との目標を明らかにした。しかし、俳優として挑戦したいことは、まだ終わりではないクォン・サンウの伝言。彼は「一度アクションを正しく一度見せたい」とし「まだよくするのがアクションであり、私にできることがあるからよくすることができるときみたくしたいジャンルは多い」と話した。また、「とても面白いコメディもしたく大きくはないが、面白い恋愛映画もしてみたいと多く思う」と格別な演技欲を表わした。クォン・サンウが主人公の初演した考えを伝えた。

クォン・サンウは31日、ソウル江南区新沙洞のあるカフェで行われたKBS 2TV「推理の女王」放送終了に関連ラウンドのインタビューで、過去の全盛期時代の人気について回想した。 この日クォン・サンウは「いつのまにか40代になった」とし「年をとって、主人公をすることができるわけでもなくそんなことの練習をずっと前から準備した。後で子供が大きく演技者としての変化をするのかを念頭たりもした」と口を開いた。 続いて彼は「人気のあることも重要でトップスターのイメージも重要だが、永遠のは無いよ」と「以前にするつもりだみた今本当の仕事のために物足りなさに常にのどが渇いている。長い時間が過ぎても多く出てくることができる作品のが最終的な目標であるようだ」との目標を明らかにした。

しかし、俳優として挑戦したいことは、まだ終わりではないクォン・サンウの伝言。

彼は「一度アクションを正しく一度見せたい」とし「まだよくするのがアクションであり、私にできることがあるからよくすることができるときみたくしたいジャンルは多い」と話した。また、「とても面白いコメディもしたく大きくはないが、面白い恋愛映画もしてみたいと多く思う」と格別な演技欲を表わした。



09:14  |  SANGWOO  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。