FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ドラマ『推理の女王』9話~下着泥棒が...

2017.05.03 (Wed)

10時ギリギリにPC前に座ることが出来
ドラマ視聴をすることが出来ました
あ~間に合ってよかった ほっ

ワンスンがジウォンに脅されたり
ソルオクの夫に妨害されて
殺人未遂のあの男を釈放しなくてはならなくなったり
ソルオクの貴重な今日実も得られなくなり
そして あの下着泥棒がとうとう殺人を犯し.......
9話はいろいろとありましたね~



クォン・サンウがチェ・ガンヒの安全を心配してその間受けようとした陳述をあきらめた

2017050322254516447.jpg

2017050322011400963_1.jpg


3日午後放送されたKBS 2TV水木ドラマ'推理の女王'ではソルオク(チェ・ガンヒの方)がハ・ワンスン(クォン・サンウの方)に約束した事件陳述をできなくなった。 自身を疑う夫キム・ホチョル(ユン・フィソクの方)のためだった。ソルオク自身を行跡を置いて繰り返し疑いのひもを放さないキム・ホチョルの前で表情下や変わらなかった。 彼女はかえって堂々とキム・ホチョルに対して、疑いを避けようとした。 これによってソルオクはハ・ワンスンに約束した壮途長(ヤン・イクジュンの方)の殺人未遂事件証言をするのは難しくなった。

また、キム・ホチョルは壮途長事件と関連問題を起こしているハ・ワンスンが所属した警察署に行って監察をした。 色々な書類を調べて不法に拘禁した被疑者を釈放しろと圧力を加えた。 ハ・ワンスンは壮途長を解かなければならない状況でソルオクの陳述を受けようとしたが自身が彼女を危険に落とすようにさせているというジウォン(シン・ヒョンビンの方)の話に録音された陳述を公開できなかった。 以後壮途長が解放されたという消息を聞いてやっと災いを漬けた。 ハ・ワンスンがソルオクの陳述をあきらめるのは大きい決心だった。 色々な努力にもかかわらず、引き続き法の網を避けて逃げる壮途長を検挙がさらに遠ざかれるためだった。 現行犯でなければ簡単に検挙できない状況に陥ることになったのだ。彼は以後ソルオクを訪ねて行って録音した陳述を置いて"誰がおばさん話を信じるのか"として余計な話をした。 それだけでなくソルオクに自身の携帯電話番号を消すといってこれ以上関係を継続しなくなろうとした。 ソルオクにハ・ワンスンはかえって大声を上げて、彼の内心を識別することができなかった。 かえって自身の目につかないといってワンスンの前で堂々とした姿を見せることもした。





そして




‘推理’クォン・サンウ、罪悪感に挫折…殺人犯つかみで決心

14resdxmake.jpg

クォン・サンウが罪悪感に下着泥棒を捕まえると決心した。3日午後放送されたKBS2水木ドラマ‘推理の女王’ではソルオク(チェ・ガンヒの方)を守るために壮途長(ヤン・イクジュンの方)を解くハ・ワンスン(クォン・サンウの方)の姿が描かれた。

壮途長(ヤン・イクジュンの方)殺人未遂事件を置いて彼を弁護するジウォンとハ・ワンスンは葛藤した。ジウォンはハ・ワンスンにソルオクの写真を見せて“この女が危険になることができる。 述べられないように防げ”と話した。 ハ・ワンスンが直ちに怒るとすぐにジウォンは“壮途長とソルオク中で選択しろ。 ソルオクを危険にするのはまさに兄さんである。 ソヒョン数がなぜそうなったのかすでに忘れたか”と話した。

ソルオクの夫キム・ホチョル(ユン・フィソクの方)が書洞(ソドン)で監察を出て行くという言葉に陳述を録音してハ・ワンスンに送った。 ソルオクの陳述録音を受けたハ・ワンスンはソヒョン数を思い出させたし、その時書洞(ソドン)で監察を始めたキム・ホチョルは不法拘禁した壮途長を解けと指示した。 ハ・ワンスンはソルオク陳述録音を証拠で出そうとしたがひょっとして身辺に威嚇があるだろうかこらえた。 結局解放された壮途長はソルオクに対する報復をしようと思った。

当初勤めた書洞(ソドン)お互い復帰することになったハ・ワンスンはソルオクを訪ねて行って携帯電話を渡して別れを告げた。 二人はお互いに“私の目についてはならない”と話したし、ハ・ワンスンは先立ってソルオクにお願いした新任洞タクシー運転手プリム事件捜査資料を与えると約束した。 心が楽ではなかったハ・ワンスンは酒を飲んで過去を思い出させて心痛めた。

この中先立ってパンツを盗まれたとし申告した主演は夜遅く家で暴漢の襲撃を受けて亡くなった。 陪房派出所にはこの事件が受け取られたし、ハ・ワンスンはホン・ジュンオとともに出動した。 事件現場は思ったより深刻だったし、ハ・ワンスンは罪悪感に包まれて必ず自身の手で犯人を捉えると決心した。 この時、ソルオク主演が置いて行ったおかずを持ってきて事件現場を見た。




ワンスンがイ・ウォングンの家にお泊り~
これは ちょっとおもしろかったね(笑)




'推理の女王'クォン・サンウ、イ・ウォングンに"私に嫁にくる?"

201705032137779171_5909d8298cd58.jpg


'推理の女王'ハ・ワンスン(クォン・サンウの方)とホン・ジュンオ(イ・ウォングンの方)が一戸で過ごしてどうのこうのした。

3日放送されたKBS 2TV '推理の女王'でハ・ワンスン刑事は派出所で側寝ていた。 この時、ホン・ジュンオ所長が夜食を買ってきたしハ・ワンスンが寝ているのを発見した。 ハ・ワンスンはちょうど良かったやホンジュン奥義家に行って寝るといった。 ハ・ワンスンは"女がいるか家がとてもすっきりしているが"として家あちこちをおとした。ハ・ワンスンは自分の家のように食事の仕度をして寝巻を取り出して着た。 おかずを丸ごと置いて食べるハ・ワンスンにホン・ジュンオは"そんなに丸ごと食べればみな傷つきます"と怒った。心配はまもなく実現されるようした。 壮途長が自身がまきこまれた事件と関連、ソルオクが述べようとするのを知るようになった。 拘禁から解放された壮途長は負荷にソルオクの素材を確認して、かたい表情になって今後これらがどのように絡まって混ざることになるのか気がかりなことをかもし出した。

一方この日ハ・ワンスンは下着泥棒を捕まえてほしいと丁寧にお願いした女性が死んだまま発見されるとすぐに自ら叱責した。 彼は"私が必ず捉える"として犯人を必ず捉えるという意思を確かめ合った。 また、殺人事件現場を訪ねてきたソルオクを発見、二人が意気投合して殺人事件犯人を検挙することができるか期待感を加えた。




ワンスン&ソルオクコンビが復活かな^^
って、復活しないと 楽しくないよね あははっ
23:49  |  ドラマ『推理の女王』  |  Comment(0)

コメント

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。